夏もそろそろ

ツクツクボウシも鳴き始め、栗や柿も実をつけ始め赤トンボもチラホラ見受けられるので、暑い日はまだ続くのだろうが季節は移り変わっている。学校の宿題ややり残した事に追われる時期に差し掛かかった。毎年夏を迎え夏が終わると何かしら寂しい気分になる。これは子供の時の記憶が尾を引いているのかもしれません。貴方の今年の夏はいかがでしたか?来年はオリンピックですね、いや間も無くワールドカップラグビーがスタートしますね。日本を応援しましょう。

時速60km

車の時速表示は本当に正確なのだろうか?約45km離れたところに出かける場合、信号や渋滞を考慮しても1時間では辿りつけない場合が多い、全く渋滞が無く信号待ちもさほど無い場合でも1時間以上かかる事が殆どである。ナビの到着時間はもっと不正確だ、ビッグデータの即時活用が進化しない限り正確な予測は出来ないのだろう。

いきなりステーキ

いきなりステーキの業績が思わしくないと言われている。近所にもこんな田舎に作って客が入るのだろうかと言う場所にオープンしていた、値段も特別安いとも感じないし肉もはっきり言って美味しくない、高齢者が多い地方では初めから上手くいかないのは分っていたのではと感じる。先ず美味い肉を提供しなければどんどん撤退に繋がるであろう、地元のステーキ店の方が遥かに肉が美味い上にメニューも豊富だ。

戦争と日本人

私が未だ幼かった頃(昭和39年~41年)地域の七夕祭り等に両親と出かけると、ずらりと並んだ夜店の間に軍服を着て手が無かったり足が無かったりする大人がアコーディオンやトランペット・ギター等を奏で募金を募っている人達がいたことを記憶の片隅に留めている。母が戦争乞食だと言い幼い私は少し怖い感じがした、しかし父親は戦中派の人間で本人も海軍に所属し玉砕したサイパン島を僅か4日前に本部指令で旅立ち東京に帰還した人らしく必ず募金箱に当時のお金で1万円を入れていた事を私は覚えている。私達戦後の人間には分からないし理解できない事なのかもしれないが、共に戦争を戦い生き抜いた人達、戦死してしまった人たちを含め戦中派の人達の間には共に感じる連帯感や相通じる感情が存在している事は確かな事だと今になってから感じている。当時の日本人は純粋で今は無き武士道精神が確実に個人個人の心に根差していたとつくづく感じる、今の日本人は同胞に対してこんな感情など持ち合わせてはいないであろう、正社員だの派遣だのといって給料で自分が上だ下だで下らない社会的地位に関心を払っている様ではこの国の未来を実り豊かに出来る国民体制には程遠い今日にガッカリすると同時に、失ってしまった日本人らしさを今一度皆改めて見つめなおしてみるべきではないかと考える。温故知新である。

お盆の贈り物

お盆の御仏前等を送ってくれる姉がいる、毎年どこぞの百貨店で購入した高価な物が多い、最も姉夫婦には子供は無く旦那は一流企業を今年定年で再雇用で働いている。我々にしてみると日頃目にしない物が多く老舗の物が殆どである。有難いのだが何んとなく格式張らずにもっと一般的な物でいいと思ってしまう私は生活レベルが低いのかなあ?

組み立て家具

ホームセンターなどで売っているソファーや組み立て家具は買わない方がいい、職人がしっかり作った物と比べると耐久性も美観も雲泥の差である。コスパを考えても高い商品を購入することをお勧めする。我が家にある水屋箪笥は40年の歳月が経っても殆ど変わらない重厚感のある存在である。長く使えるいい物を買おう。